6月
21

審美歯科の選び方ではどんな着眼点があるの?

Written by admin posted on 6月 21, 2015 in 未分類

ホームページをチェックする

歯科医は症例など知識も重要ですが、技が必要な職人のような世界でもあります。ホームページを開設していれば、症例写真が掲載されているか確認し症例写真の歯と歯茎が自然かどうかチェックして選びます。素人目では細かい部分は分かりませんが、自然な感じかどうか位は判断できます。顔とのバランスが取れているのかも重要で、歯並びだけ見ても分かり辛いので唇と目の中央ラインに合致して治療しているのかチェックして自然な色であるか見ます。

実際に説明を聞くと分かる?

実際に歯科医に受診して、このまま任せて良いかどうか確認するにはカウンセリングと説明がキチンとされたかで判断します。概ねの歯科医は受診の初日に歯石取りで終了しますのでセカンドオピニオンを選択できます。最初に料金・治療方法・治療期間について相談できる医師かどうか判断し複数の治療方法を掲示してくれれば合格と言えます。治療期間や料金も事前に聞いていれば「わざと長引かせているのでは」と疑心暗鬼に陥る心配もありませんよね。

他にどこを見れば良い?

ホームページを見た際にチェックポイントとして治療を行う医師の経歴を確認し、得意とする分野(認定医・指導医・専門医など)・説明能力・人柄を見ます。施設の体制はレントゲン室など医療機器がどの程度揃っているか確認し、外科手術も行える環境か、もし出来なければ紹介状などを出せるかどうか他の医院と連携しているか確認します。信頼と実績がある歯科医であれば自然と口コミでも話題になりますので、地元の情報に詳しい人から聞くのが一番かもしれませんね。

コンピュータを用いて患者の歯型を立体的に作成して義歯を作成できる、歯科技法の最新治療法がセレックです